忍者ブログ
過重労働で壊した社員を自己都合退職させる悪徳ブラック企業と闘っています
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ 人気ブログランキングへ
悪徳零細企業に勤めている人は、残業代でも2重3重にピンハネされてないか、今一度確かめた方がいいです。

ふと気がついて、給与明細を眺めていたところ、
私の残業代は時給1025円で計算されていたことが判明しました。
1025円に普通残業なら1.25かけて、月142時間で残業代は212569円とか、
なんとなくそれっぽく、計算し直すのがおっくうになるような端数が出るようになってます。この端数の25円がくせ者です。

月平均所定労働時間
=(365-年間休日)÷12×(1日の)所定労働時間

固定給÷月平均所定労働時間=時給

出てきた時給に普通残業なら1.25倍、深夜残業なら1.5倍、休日残業なら1.35倍。
これが残業代の計算式です。

当てはめて計算してみると、これによって私のうつ病罹患前の月給は10万近くピンハネされていたことになります。

私は毎月、通常の不払い残業(残業をつけさせてもらえない)で数十万、
効率考慮なる、あの会社独特の前代未聞の違法行為により10万、
そして時給を大きく下げることによって10万近く、
3重に残業代を不払いされていたことになります。

労基署に申告しました。
さてどうなるか。これは明らかな労働基準法違反ですから労基署も動かざるを得ないでしょう。労働基準法は、違法部分があったら違法部分を適法にまで引き上げるという民法とは違う独特のルールがありますから、この場合は不払い残業代を引き上げて計算することになります。
もっとも、賃金債権の時効はわずか2年なので、直接会社に要求することはできません。

具体的には会社への臨検と厳重注意、そして私に対しては、
平均賃金が約3000円上がることになり、
つまり労災の休業補償が約2500円上がることになります。
これは大きい。

拍手[5回]

PR
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ 人気ブログランキングへ
私のうつ病が過重労働などによる業務上を原因とする、労災にあたると決定されてから4ヶ月。
以前通った病院、薬局の全てからようやく全て返事が来ました。
いや長かった。
私はうつ病に罹らされる前後、関東一円を
火消し要員として偽装請負で回らされました。
そのため、病院薬局あわせて30ほどに転院し続けるはめになったのです。
自己都合扱いで解雇されてからも労災申請のために、転院もしましたし。
中には労災の申請を全くやったことのない病院もあり、
労災の療養補償給付たる請求書を書くためには本人が来てもらって
診断書を書かなければいけないという頭の固い病院もありました。いや感慨深い。

本日、ようやく揃った書類と領収書、レセプトの写などのの全てをまとめて
書留で1040円で送りました。角2型の封筒はパンパンに膨らんでいました。

2ヶ月前に傷病手当金は返還しました。
私は傷病手当金を16ヶ月受け取っていたので、
それらの代行収納の用紙が16枚きました。
オレオレ詐欺の影響などで、私の給料等振込銀行では1日に50万しか下ろせない上
支店が病院の近くにしかないため、病院にいくたびにちまちまと50万ずつ卸しては
ちまちまと代行収納を何回もやったわけです。
メインバンクは近所に持っておけばよかった。遠くにしたために無駄な一苦労。
それ以来、メインバンクを近所に持ってくるべく、やっぱり病院に行く度に
50万卸してはメインバンクに移す作業を繰り返してます。

これで労災の手続きは一段落というわけです。
ようやく肩の荷が下りました。

拍手[2回]

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ 人気ブログランキングへ
≪  1  2
HOME
ブログ内検索
カウンター
参考図書
忍者ブログ [PR]