忍者ブログ
過重労働で壊した社員を自己都合退職させる悪徳ブラック企業と闘っています
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ 人気ブログランキングへ
先週、労基署から病院に書類が来ました。
私の場合、医者が割と症状固定にしたがっています。
心理検査では極めて強いうつ傾向があるものの、
クレペリン検査、脳波検査の結果は良好だったので。
クレペリン検査のときに少し手を抜けばよかったかな。

勇気を持って労働基準監督署に電凸してみました。
しかし、私の主治医の診断書だけで決まるわけではなく、
労基署お抱えの精神科医や、労基署内部での審査、
場合によっては私本人との面接もあってはじめて
労災の打ち切りが決まるのだそうです。
何分にも労基署でうつ病で労災認定したのははじめてのことなんだそうで、
労基署も手探りなんだそうです。

私は病院を変えたばかりなので、今の主治医は
前の医者にも意見を聞かないと書けないと言っています。
そのため、労基署が決めた締め切りまでには診断書をちょっと書けないと。
その件も、日付が多少遅れたからどうこうと言うものではないと言うことでした。

症状固定の意見書が主治医に来たと聞いてから2週間、
とても働ける状態ではないのに症状固定にされたらどうしようと
心拍数上がりっぱなしで怖くて何も手につかない状態でしたが、
いくらか安心出来ました。

しかし私の場合、うつ病の発病日以後に心理的負荷が高い出来事が続き、
そして今は裁判するという話になっているところなのです。
治るどころか、悪化する一方です。

治療打ち切られたら路頭に迷うしかありません。

拍手[7回]

PR
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ 人気ブログランキングへ
初診日から3年経過しましたので、、
労基署から労災の打ち切りの審査が医者に来ました。
怖い。
打ち切られないためにはどうすればいいんだろう。
「症状固定」すると打ち切られる。
私の場合、労務不能なのは間違いなく、
「症状固定」すなわちこれ以上治療を続けても良くならないとは言えないはずなんですが
怖い。
労務不能で症状固定したら後遺障害等級3級以上になり、障害年金に移行しますが、
療養補償給付が打ち切られ、医者に自費で罹らないといけなくなります。
怖い。
労務能力の検査のためか、クレペリン検査などいくつかのテストを受け、昨日は過労で何も出来ませんでした。
健康な人でもクレペリン検査は過剰に疲労させると批判があるのに。
しかも、先月転院したばかりの医者のところに来た依頼書類が「10日以内に提出」なので、
医者も直前まで罹っていた医者のことは紹介状で把握していますがそれ以前のことはわからない。
以前に罹っていた医者に、また紹介状を頼みに行かないといけません。
私自身の申立書もあわせて、月曜日がリミット。
そんな中、土曜日には、前々から約束していた労働組合への面談に行かなければいけません。つまり以前に罹っていた医者に紹介状を書いてもらうのは金曜日しかない。
金儲け第一主義で、いつも診断書を書くときは1ヶ月以上待たせる悪徳病院に
今日中に紹介状を書いてくれと頼んだって無理に決まってます。
あまりにも理解がない。

うつ病の人間にとてつもないハードルを負わせてくれますね労働基準監督署。
本当にどうしよう。

会社側との折衝は完全に折れ、弁護士に訴訟の依頼をしてきました。
依頼書を提出し、着手金も払いました。

ただでさえ、裁判だけでも心労がひどいのに
もう本当に、どうすればいいんだろう。

拍手[6回]

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ 人気ブログランキングへ
≪  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  ≫
ブログ内検索
カウンター
参考図書
忍者ブログ [PR]