忍者ブログ
過重労働で壊した社員を自己都合退職させる悪徳ブラック企業と闘っています
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ 人気ブログランキングへ
本社以外に出張・出向していた年の源泉徴収票を、会社から一度も出してもらったことがありません。
これは会社にいた当時から言っていたのですが、会社は何が何でも出さないという態度でした。

確定申告で所得税取られすぎの分が本人に戻ってきても、会社は1円も得しませんからね。おぞましい企業だ株式会社○○○○。
現在のように、労災や解雇で揉めているとなった以上、まともに話したら、会社は源泉徴収票をカードとして使ってくるでしょう。
確定申告は5年までさかのぼれますので、一応今年中に源泉徴収票を出して貰って確定申告すれば、それなりの額が戻ってきます。 しかし会社は拒絶するでしょう。

  一応、税務署には、源泉徴収票不交付の届出書という書類、書式があり、これを税務署に持って行けば 何とかなるのかどうか。 非常に怪しいところではありますが、まあ、今度病院に行ったときに、近くにある税務署に受け付けてもらえないかどうか試してみようと思います。

拍手[1回]

PR
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ 人気ブログランキングへ
日本国公認のキ印決定ということですね。厚生障害年金2級受給決定しました。
申請から約半年。
うつ病の場合、人によっては1年とかかかるケースも多いということですが、私はわりと早く決定しました。
だってどう見ても廃人だもん。

このことを労働基準監督署の担当者に伝えたところ、
いつもは「早く受給止めるぞ」しか言わない奴が喜色満面で
「お知らせいただいてありがとうございます。」ですって。

労災保険の保険料は労働基準監督署署員の給料に横流しされており、
労災保険の着服なしでは労働基準監督署の監督課、総務課など他部門が
やっていけないのは有名な話で、
今年4月から変わった担当官も、最初は何が何でも今すぐにでも私の労災保険を打ち切るという気迫がすさまじく、私も苦労しました。

ちょっとずつ話して、私のうつ病がそんなに軽いものではなく、「きわめて重度な」ものであり、たとえば飲んでいる薬も、厚生労働省の分類によれば全て高リスク、劇薬、強い副作用に注意です。
そういう、簡単に治るものでなく、しかも現在進行形で会社からストレスを受けているわけで、治りようがないということを少しずつわかってもらえたようです。
でも打ち切りの権限は、労働基準監督署長の独断ですから、どうなるかわかりませんが。

さて、厚生障害年金と労災保険を同時受給している場合、以前書いたように、労災保険が少し調整され、減らされます。
ですから、労働基準監督署の担当者の喜びようといったらそれはもう。
一方で、私は、貰い過ぎた分の労災保険を返さなければいけません。
内払にはできず、併給期間のうち、厚生障害年金の受給分が減らされていなかった時期の分を、
日銀の指定銀行の指定支店に返さなければいけないのです。
金額的にはたいしたことないのですが、非常に遠くて、しかもいつもとんでもなく混んでいる店しか指定店になっていません。
日銀は私を混雑で殺すつもりでしょうか。

拍手[4回]

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ 人気ブログランキングへ
≪  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  ≫
ブログ内検索
カウンター
参考図書
忍者ブログ [PR]