忍者ブログ
過重労働で壊した社員を自己都合退職させる悪徳ブラック企業と闘っています
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ 人気ブログランキングへ
労災認定の基準について。
仕事が原因で精神障害になったという事案を労基署が労災と認定する指針は、
「心理的負荷による精神障害等に係る業務上外の判断指針」に基づきます。
判断要件は、以下3つの全ての要件を満たす精神障害が認定される事になっています。

(1) 判断指針で対象とされる精神障害を発病していること
(2) 判断指針の対象とされる精神障害の発病前おおむね6ヶ月の間に、客観的に
当該精神障害を発病させるおそれのある業務による強い心理的負荷が認められること
(3) 業務以外の心理的負荷及び個体側要因により当該精神障害を発病したとは認められないこと

(1)は、うつ病などの気分障害、重度ストレス反応などのストレス関連障害などです。
知能障害や統合失調症等なども対象となっていますが、認められた例はないようです。
(2)業務上の心理的負荷の評価方法31項目のうちで、強い心理的負荷が認められるのは以下の出来事です。

1.大きな病気や怪我をした
3.交通事故を起こした
4.労災の発生に直接関与した
5.重大な仕事上のミスをした
15.退職を強要された

(3)業務上外の心理的負荷評価
離婚や借金などの業務外でストレスが溜まる出来事があれば、労災認定は却下されることになります。



私の場合、
(1)うつ病と診断されているので大いに当てはまります。
(2)大きな病気というとうつ病以外にも、原因不明の吐血や血尿、高熱、体重の急激な減少などなど
何か異常が起きていたのは間違いないですが、あまりにも忙しくて病院に行く暇もありませんでしたので
証拠はありません。
他に、仕事中に軽い交通事故を起こし、重大な仕事上のミスをし、退職を強要されました。
しかし、結局一番注目されるのは1ヶ月当たりの時間外労働時間が80時間を越えていたかどうか
(過労死基準を越えていたか)のようです。時間外労働時間が少なくても認定されたケースはありますが。
これも私の場合大きく越えていました。

(3)どうやら、仕事が原因でうつ病などの精神障害になった人はこの項目によって
業務外とされ、労災認定を断られるケースが多いようです。
幸いなことに私には見当たる項目がありません。

以上より、私個人的には労災認定されない理由はないと思っていますが
どうなることやら。

拍手[0回]

PR
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ 人気ブログランキングへ
9月に提出した調査票に基づいて、聞き取り調査に行ってきました。
朝9時から16時まで、途中休憩を挟みながら丸一日。こちとら病人なんですけど。
 
2006年3月〜5月に、常軌を逸した過重労働を課せられていたこと、
その間会社側から支援が全くといっていいほどなかったことなど
詳しく説明してきました。
思ったより詳しく聞かれたのは、入社以前のこと、罹患した後の経緯、特に会社側からの仕打ちについて。
あまりにも異常な会社の体質、社長や総務部長のコンプライアンスの欠如については労基署も
今までの調査で思い知らされていたようで、その裏づけが欲しかったようです。
 
これから会社側を調査して、ある程度私の主張の裏づけが取れれば
おそらく認定されるケースではないかということでした。
なんだか、そういわれただけでも救われた気がします。

拍手[1回]

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ 人気ブログランキングへ
≪  1  2  3  4  5  6  7  ≫
HOME
ブログ内検索
カウンター
参考図書
忍者ブログ [PR]